vspd90044a5

今さら聞けない!?抗酸化作用とその効果を詳しく紹介

リコピンの抗酸化作用が、今とても注目されています。生活習慣病、美肌、ガン予防、アンチエイジングなど、効果は多岐にわたります。では、なぜ、こんなにも注目されているのでしょうか?

それは、リコピンの抗酸化力にあると言えます。なんと、βカロテンの2倍、そして、ビタミンEに関しては100倍もあるのです。

抗酸化作用とは、いったいどんなもの?

o09554ag0

字のごとく、酸化を防ぐ事です。紫外線を浴びたり、添加物の入っている食品を食べると活性酸素が発生します。活性酸素は、そこらじゅうに潜んでいるのです。この活性酸素がくせもので、肌や血管の老化、それから生活習慣病の原因を作り出します。

また、活性酸素によって、悪玉コレステロールが酸化して、血流の流れを悪くしてしまいます。すると、動脈硬化が起こりやすくなります。抗酸化とは、そんな活性酸素を取り除き、体の外へ出してくれる働きをします。錆びない体と聞いた事があるかもしれませんが、その錆びない体にしてくれるのが、抗酸化作用なのです。

具体的にはどんな効果があるの?

qp980a5

具体的には、先ほどもお伝えした通り、まずは悪玉コレステロールの酸化を防ぐので、血流が改善されて、血液がサラサラになります。そして、現代病とも言える生活習慣病や動脈硬化の予防になります。

また、抗酸化によってコラーゲンが減少するのを抑えてくれたり、紫外線を浴びた肌の活性酸素を取り除いてくれるので、シワやシミなどの美肌にも効果があります。

また、抗酸化の効果で、老化にはすごく効果があります。そして、血流が良くなる事で、代謝も良くなり、ダイエットにも効果があると言われています。以前、流行ったトマトダイエットは、その効果を利用したものです。というような具合に、抗酸化にはたくさんの健康、そして美容効果があります。

抗酸化作用を効果的にアップさせるには?

009agk;04

リコピンの抗酸化作用の力は、しっかりとわかりました。では、どうすれば、更に効果的にとることができるかというと、それは、調理法にあります。

リコピンの成分は、油にとけます。ですから、そのままの状態でも栄養はたっぷりですが、油で炒めたりすることで、リコピンが溶けだし4倍の効果を発揮します。ぜひ、油を使った調理をする事をおすすめします。

リコピンの抗酸化作用の力、いかがでしたか?体に良くない影響を与える活性酸素を取り除いてくれる、すごいパワーを持っているんです。ぜひ、その力を効果的に利用して、健康と若々しい体を手に入れてみてはどうでしょう。