71a14h7sss4h5h

カロテノイドとは?リコピンの魅力をより深く知るために

トマトに多く含まれている成分で有名なリコピンですが、名前は知っていてもその効能や効果などの特徴を知っている人は数少ないのではないでしょうか?そんなリコピンやそれらに関係する成分の特徴などについて述べていきたいと思います。

リコピンの分類

リコピンとはカロテノイドと言われている成分の一種です。もっと細かく言うとカロテノイドは大きく、「カロテン類」と「キサントフィル類」に分けられます。

因みにリコピンは「リコペン」とも呼ばれていて、「カロテン類」に分類されています。つまり、リコピンはカロテノイドの中のカロテン類に属していることになります。

リコピンの効能

ao5648hjwpcp8

リコピンはカロテン類やカロテノイドの中でも、非常に高い抗酸化力を持っています。同じカロテン類のβカロテンと約2倍になり、ビタミンEと比較すると約100倍とも言われています。そして血液内の健康を保つ役割もあり、血液内の悪玉コレステロールの酸化を防いでくれます。

他にもがん予防にも効果があると言われています。毎日トマトを食べている人そうではない人を比較すると、毎日トマトを食べている人の方が前立腺がんになりにくいといった報告もあるそうです。

効率よく摂る方法

リコピンは熱を加えることで体内に吸収されやすくなると言われています。つまり既に加熱されているケチャップや濃縮還元の野菜ジュース、トマトスープなどに調理して摂る方が吸収率が高まります。

カロテノイドとは?

pp377agamm3xf

自然の中に生息するあらゆる生物(植物・動物・微生物など)750種類以上に含まれている、主に赤・黄・橙の色素成分の総称です。カロテン類やキサントフィル類を含むカロテノイド全体を見ても、抗酸化力を持っていることが共通の特徴です。

食品の場合には、主にニンジンやかぼちゃを始めとする緑黄色野菜や、エビやカニなどの魚介類にも含有されています。

人間の場合でも、眼組織・肺・大腸・肝臓・前立腺・乳房・子宮頚部・網膜・皮膚に含まれていています。しかし自分では作りだすことが出来ないため、食品など外部から取り入れるしかありません。

カロテン類・キサントフィル類の成分

リコピンと同じカロテン類の仲間には、有名なβカロテンを筆頭にαカロテン・γカロテン(ガンマ)・δカロテン(デルタ)などが含まれています。キサントフィル類には有名なカプサイシンを筆頭に、ルテイン・ゼアキサンチン・カンタキサンチンなどが挙げられます。

最後に

リコピンを含むカロテノイドを摂取することで、主に白内障・癌・生活習慣病を始めとする病気の予防やダイエット効果も期待できます。これを機に食生活を見直して、少しずつ改善していくのも良いかと思います。