vspd90044a5

今さら聞けない!?抗酸化作用とその効果を詳しく紹介

リコピンの抗酸化作用が、今とても注目されています。生活習慣病、美肌、ガン予防、アンチエイジングなど、効果は多岐にわたります。では、なぜ、こんなにも注目されているのでしょうか?

それは、リコピンの抗酸化力にあると言えます。なんと、βカロテンの2倍、そして、ビタミンEに関しては100倍もあるのです。

抗酸化作用とは、いったいどんなもの?

o09554ag0

字のごとく、酸化を防ぐ事です。紫外線を浴びたり、添加物の入っている食品を食べると活性酸素が発生します。活性酸素は、そこらじゅうに潜んでいるのです。この活性酸素がくせもので、肌や血管の老化、それから生活習慣病の原因を作り出します。

また、活性酸素によって、悪玉コレステロールが酸化して、血流の流れを悪くしてしまいます。すると、動脈硬化が起こりやすくなります。抗酸化とは、そんな活性酸素を取り除き、体の外へ出してくれる働きをします。錆びない体と聞いた事があるかもしれませんが、その錆びない体にしてくれるのが、抗酸化作用なのです。

具体的にはどんな効果があるの?

qp980a5

具体的には、先ほどもお伝えした通り、まずは悪玉コレステロールの酸化を防ぐので、血流が改善されて、血液がサラサラになります。そして、現代病とも言える生活習慣病や動脈硬化の予防になります。

また、抗酸化によってコラーゲンが減少するのを抑えてくれたり、紫外線を浴びた肌の活性酸素を取り除いてくれるので、シワやシミなどの美肌にも効果があります。

また、抗酸化の効果で、老化にはすごく効果があります。そして、血流が良くなる事で、代謝も良くなり、ダイエットにも効果があると言われています。以前、流行ったトマトダイエットは、その効果を利用したものです。というような具合に、抗酸化にはたくさんの健康、そして美容効果があります。

抗酸化作用を効果的にアップさせるには?

009agk;04

リコピンの抗酸化作用の力は、しっかりとわかりました。では、どうすれば、更に効果的にとることができるかというと、それは、調理法にあります。

リコピンの成分は、油にとけます。ですから、そのままの状態でも栄養はたっぷりですが、油で炒めたりすることで、リコピンが溶けだし4倍の効果を発揮します。ぜひ、油を使った調理をする事をおすすめします。

リコピンの抗酸化作用の力、いかがでしたか?体に良くない影響を与える活性酸素を取り除いてくれる、すごいパワーを持っているんです。ぜひ、その力を効果的に利用して、健康と若々しい体を手に入れてみてはどうでしょう。

5h448jj9sa

リコピンを摂取するなら野菜ジュースがおすすめ!

我々が普段飲む野菜ジュースの中にはリコピンという成分が入っています。主にトマトに多く含まれている成分なのですが、よく聞く名前だけれど効果が分からない方も多くいらっしゃると思います。そこで、リコピンについて述べさせて頂きたいと思います。

野菜ジュースでリコピンを効率よく摂取する

9edc606s1a16

私がおすすめしたい摂取方法は、色々ある中でも野菜ジュースです。というのも、野菜ジュースを飲めば一番簡単に、短時間で摂取できるからです。それに野菜ジュースは栄養が壊れているという噂をよく聞きますが、実はナトリウム・カリウム・鉄分を筆頭にカロチノイドの量もほとんど減っていません。

リコピンはもちろん、ベータカロテンやビタミンEといった抗酸化成分も豊富です。そのため、野菜ジュースの美肌効果はバカに出来ないものがあります。

ですので、野菜ジュースをいつも飲む水やジュースの代わりに飲めば効率よくリコピンを吸収することが出来ます。もちろん野菜ジュースにはリコピン以外にも多くの栄養素が含まれているので、これを機に飲んでみてはいかがでしょうか?

飲みにくい人には果物果汁が入った製品もありますし、料理にも使えます。

リコピンをとるにはトマト

tya16000a4g5

リコピンを摂取するには、やはりトマトが代表的です。ほかにはすいか、ピンクグレープフルーツ、ピンクグァバなどがあります。人間は体内でカロテノイドを作り出すことができません。継続的に食事やサプリメントで摂取する必要があります。

トマトを食べるときには熟したトマトを食べる方が、多くのリコピンを摂取することができます。完熟トマトと比較すると、熟していないトマトのリコピンは10分の1程度といわれています。

リコピンは熱に強いので、加熱調理をしても大丈夫です。油を使って料理するほうが吸収がよくなります。トマトならレシピも豊富で食事に使いやすいですね。またトマト製品から摂取することもできます。トマトジュースやケチャップなどに含まれているリコピンは体内での吸収がいいので、便利ですね。

リコピンの1日あたりの摂取量の目安は15mgとなっています。生のトマトなら大きなトマト2個分ですが、トマトジュースなら1缶(150cc)で摂取することができます。毎日続けて取るには、サプリメントの活用も効果的です。

71a14h7sss4h5h

カロテノイドとは?リコピンの魅力をより深く知るために

トマトに多く含まれている成分で有名なリコピンですが、名前は知っていてもその効能や効果などの特徴を知っている人は数少ないのではないでしょうか?そんなリコピンやそれらに関係する成分の特徴などについて述べていきたいと思います。

リコピンの分類

リコピンとはカロテノイドと言われている成分の一種です。もっと細かく言うとカロテノイドは大きく、「カロテン類」と「キサントフィル類」に分けられます。

因みにリコピンは「リコペン」とも呼ばれていて、「カロテン類」に分類されています。つまり、リコピンはカロテノイドの中のカロテン類に属していることになります。

リコピンの効能

ao5648hjwpcp8

リコピンはカロテン類やカロテノイドの中でも、非常に高い抗酸化力を持っています。同じカロテン類のβカロテンと約2倍になり、ビタミンEと比較すると約100倍とも言われています。そして血液内の健康を保つ役割もあり、血液内の悪玉コレステロールの酸化を防いでくれます。

他にもがん予防にも効果があると言われています。毎日トマトを食べている人そうではない人を比較すると、毎日トマトを食べている人の方が前立腺がんになりにくいといった報告もあるそうです。

効率よく摂る方法

リコピンは熱を加えることで体内に吸収されやすくなると言われています。つまり既に加熱されているケチャップや濃縮還元の野菜ジュース、トマトスープなどに調理して摂る方が吸収率が高まります。

カロテノイドとは?

pp377agamm3xf

自然の中に生息するあらゆる生物(植物・動物・微生物など)750種類以上に含まれている、主に赤・黄・橙の色素成分の総称です。カロテン類やキサントフィル類を含むカロテノイド全体を見ても、抗酸化力を持っていることが共通の特徴です。

食品の場合には、主にニンジンやかぼちゃを始めとする緑黄色野菜や、エビやカニなどの魚介類にも含有されています。

人間の場合でも、眼組織・肺・大腸・肝臓・前立腺・乳房・子宮頚部・網膜・皮膚に含まれていています。しかし自分では作りだすことが出来ないため、食品など外部から取り入れるしかありません。

カロテン類・キサントフィル類の成分

リコピンと同じカロテン類の仲間には、有名なβカロテンを筆頭にαカロテン・γカロテン(ガンマ)・δカロテン(デルタ)などが含まれています。キサントフィル類には有名なカプサイシンを筆頭に、ルテイン・ゼアキサンチン・カンタキサンチンなどが挙げられます。

最後に

リコピンを含むカロテノイドを摂取することで、主に白内障・癌・生活習慣病を始めとする病気の予防やダイエット効果も期待できます。これを機に食生活を見直して、少しずつ改善していくのも良いかと思います。

64agt7ss0sf

リコピンが美白に効果がある理由と効率的な摂取方法

トマトに含まれリコピンは健康に良いだけではなく、美白効果があると言われています。どんな働きをするのか、より効果的に摂取する方法について知っておきましょう。

強い抗酸化作用

70ahe0s4d7h4

人はの身体は紫外線を浴びたり強いストレスを感じたりすると、体内で活性酸素を発生させます。活性酸素は人の老化を促進させる働きがありますが、その他にもメラニン色素を生成する元になります。

紫外線を浴び続けるとメラニンが過剰に生成されて、しみやそばかす、くすみの原因となります。この活性酸素を除去する為には抗酸化作用を持つ物質が有効的です。

リコピンには強い抗酸化作用があり、抗酸化酸素を消去する働きをすることで、アンチエイジングと共に美白効果が期待できるのです。

メラニン生成を抑える働き

00997ag4h0s4

人の体内でメラニン色素を生成させる為には、チロシナーゼという物質が必要になります。リコピンには活性酸素を除去する働きがあるだけではなく、直接メラニン生成の原因となるチロシナーゼの発生を抑える働きがあるのです。

直接的にも根本的にもリコピンはメラニンの生成を抑制して、美白効果をサポートしてくれる成分なのです。

リコピンは一緒に摂取する成分で効果が変わる

ajg845tksu4c

美白の為にリコピンを摂取するには、より効果を出す為にも幾つかのポイントがあります。

まずはリコピンは脂溶性であり、身体に吸収される際に油脂に溶けた状態であることが大切です。美白の為にと一生懸命トマトだけ食べるよりも、ドレッシングをかけて油脂類を一緒に摂取した方が効果的なのです。

オリーブオイルには抗酸化作用があり、コレステロール値を整える働きがあります。トマトと一緒にオリーブオイルを摂取すれば、よりリコピンを効率良く摂取できます。

また、トマトに含まれるリコピンの周囲は食物繊維で覆われていて、リコピンを摂取するにはその食物繊維を破壊しなければなりません。ところが食物繊維は歯で噛んだだけでは中々破壊することは出来ず、実際に摂取できるリコピンの量が限られてしまいます。トマトを摂取する際にはジューサーで細かく砕いた方が効果的なのです。

これを考えるとリコピンを効率的に摂取するにはトマトジュースや野菜ジュースを取り入れた方が良いでしょう。トマトジュースを飲めば、生トマトの約4倍ものリコピンを摂取できると言われています。

更にはリコピンは加熱すれば更に吸収率がアップします。イタリアン料理などに上手にトマトを利用して火を加えた方が美白効果が高まることになります。

おわりに

トマトのリコピンは美容にも健康にも良い成分が含まれているので、女性は積極的に摂取したい食品です。生で食べるよりも調理した方が美白効果が高まりますので、料理の腕も磨くことができて更にメリットが増えますね。

040ag7h44hqa

美肌・美白など美容効果の高いリコピン

リコピンはカロテノイドという自然に存在する色素の一種です。赤色の色素でトマト、すいか、ピンクグレープフルーツなどに含まれています。トマトの赤い色はリコピンの色なんですね。

600種類以上あるといわれるカロテノイドは抗酸化作用が強く、体内の活性酸素を取り除き老化防止などに役立ちます。なかでもリコピンは抗酸化作用が高く、ビタミンEの100倍ともいわれています。

リコピンで得られる美容効果

  • ダイエット効果
  • 美白作用
  • 美肌

実際にリコピンを常に摂っている人とそうではない人を比較した場合、前立腺がんになる割合が低くなるという研究データがあるほどです。

つまり生活習慣が乱れている人や、不摂生が多い人などはリコピンを摂ることによって改善の兆しがあるかもしれません。

美白や美肌など女性に嬉しい効果も

gga014appd87

抗酸化作用には吹き出物やニキビを防いでくれるなどの美肌効果もあるので、女性にも大変嬉しい成分だと言えます。

体内で増加した活性酸素はあらゆる箇所を老化させていきます。皮膚も例外ではありません。活性酸素が肌を傷つけると、肌のターンオーバーがうまくいかなくなり、シワやたるみにつながります。リコピンはコラーゲンの生成を助けて肌の弾力を守ってくれます。

リコピンを摂取していると紫外線を浴びても日焼けによる赤みが少なく、肌がごわつくことも防いでくれます。紫外線によって発生した活性酸素はシミの原因にもなります。リコピンを摂取するとメラニンの生成を抑えて、シミを防いでくれます。

またくすみをとって透明感のある肌になるのに役立ちます。リコピンは、美肌や美白など美容面の効果も注目されています。

pg404a8g4h04

ダイエットのサポートにもリコピンが効果的

リコピンが配合されている有名な食べ物はトマトというのを知っている人が多いのではないでしょうか。リコピンは強い抗酸化力を持ち、老化や生活習慣病の原因となる抗性酸素を除去する機能があります。

また、シワを予防したり美肌にすごく効果があるというのも分かっています。ですので女性は特に積極的に摂取して欲しいです。そして、最近ではリコピンがダイエットにも効果があるという事が分かってきました。

リコピンがダイエットに効果的な理由

pns04hs4h678s

リコピンには血中の中性脂肪を減らす効果があります。そのため、悪玉コレステロールを減らす効果もあるのでカロリー代謝を高めて痩せやすい身体にしてくれます。また、リコピンは抗酸化作用も非常に高いのであらゆる生活習慣病を防ぐ効果も期待できます。

そして、リコピンが含まれている食品は同時にビタミンや食物繊維が含まれているものが多いので綺麗に美しく痩せる事が出来るのです。痩せやすい身体に変えてくれて、便秘を改善してお肌にも良いという女性に嬉しい成分がたくさん入っているのです。

一日に摂るお勧めの量とは

ダイエットに良いといっても適量というのが必ずあります。では、リコピンの適量というと、一日15mg摂取するのが良いと言われています。これをトマトで換算すると大きめのトマト2、3個くらいとなります。

しかし、この数は毎日食べるのには少し現実的ではありません。ですので、トマトジュースや野菜ジュースで摂るのが現実的な方法です。メーカーによってリコピン含有量には違いがあるので成分表を見て確認してから購入してください。

注意点

pm0047shq4t

しかし、ここで間違えていけない事はリコピンは痩せるための薬ではありません。ですので、即効性はなく、徐々に身体を痩せやすく変化させるものなので時間が必要です。

リコピンを適量毎日摂取しつつ、軽くストレッチや筋トレなどの運動を併用すると効果的です。日常生活に運動を取り入れながらリコピンを摂取して最低でも3ヶ月くらいは様子をみましょう。すぐに効果が出るのが難しいので長いスパンで効果を見なくてはいけません。これを覚えておきましょう。

このように、リコピンはダイエットに効果的だと言われています。トマトはビタミンも含まれてるので、美容にも良く、健康にも良いといわれているのでダイエットだけでなく、女性は積極的に接収する事が大切です。毎日リコピンを摂取して綺麗にやせてお肌も綺麗になって、若々しくなるようにしましょう。

vs7411000iit

トマトに含まれる栄養素とリコピンの働き

健康に良い食品には様々なものがありますが、緑黄色野菜は昔から健康のために摂取するのが望ましいものと伝えられてきました。各種ビタミンやミネラルが豊富ですが、中でもトマトに関してはその色鮮やかな形やみずみずしい感じもあり、多くが食べられてきた野菜です。

トマトの主な栄養素について

mmnayrgsi47

トマトというのはサラダなどの生で食べる方法や、あるいはケチャップなどの加工品としても多くの食べ方がありますが、やはり印象的なのはその真っ赤な色でしょう。

この赤さはリコピンと呼ばれるカロテノイドの一種であり、リコピンの効果は身体の健康に様々な良い成分として有名になってきました。主な成分としては他にもビタミンAになるβ-カロテンがあり、こちらは免疫機能を向上させたり抗がん作用があることで有名です。

またトマトの果汁には脂肪燃焼に効果がある13-oxo-ODAというリノール酸が入っているので、ダイエット目的としても優れた効果を出しているそうです。

後は意外なことにこのトマトには二日酔いを予防する効果があり、お酒と一緒に食べることで血中のアルコール濃度を下げやする効果もあります。

トマトで注目したいリコピンの成分

bvd7447apdj

さて健康にいい成分がたくさん入っているトマトですが、その中でも注目されてきているリコピンについて紹介しましょう。

リコピンとは?

リコペンと言われる事もある、緑黄色野菜に含まれるカロチノイドという色素のひとつです。カロチノイドと言えばカロテンとよく混同されがちなのですが、カロテンはカロチノイドの一部であるカロチン類でリコピンの仲間とも言えます。

因みにカロチノイドの中には他にもαカロテン・βカロテン・ルティンがあります。リコピンを多く含む食材としてトマトがよく代表的な扱いを受けてしますが、ピンクグレープフルーツやスイカ、柿やナスにも含まれています。ちなみに、トマトよりもプチトマトの方が約2.5倍ものリコピンを含んでいます。

このリコピン主な効果ですが、近年になって非常に高い抗酸化力を持つことが分かりました。他のカロチノイドの仲間であるβカロテンと比較すると約2倍、ビタミンEと比較した場合には約100倍と、カロチノイドの中でも相当高い抗酸化力を持っているのです。

984bsfr04gs8

トマトで有名なリコピンで得られる健康効果は

血液サラサラ効果や、生活習慣病の予防・改善効果のある、リコピンとは一体どんなものなのでしょうか。

リコピンで得られる健康効果

adhy5t484

  • 血液サラサラ
  • 血糖値を下げる
  • ガンの予防
  • 動脈硬化の予防
  • 喘息予防
  • 視機能の改善

高い抗酸化作用により、血液中の悪玉コレステロールの酸化を防ぎ、血液サラサラ効果と、血栓などの血管トラブルと防ぐ作用があります。血流が良くなる事で代謝の向上、高血圧改善、冷え性改善効果が得られます。

代謝が高まるということは、日常での消費カロリーが増えることになり、肥満の予防や改善にも役立ちます。また、エネルギーの消費効率が高まるため、糖尿病リスクを減らす効果もあります。

活性酸素は紫外線を浴びたり、ただ普通に呼吸を行うだけでも生産される物質です。体内に発生する活性酸素は、適量ならば体に有益に、増えすぎると悪影響を及ぼす物質です。

増えすぎた活性酸素は自身の細胞を傷つけ、内臓や血管、細胞を劣化を早める性質があります。抗酸化作用で体内の活性酸素が減る事で、細胞の老化を防ぎ、血栓や脳梗塞予防、内臓機能の向上が得られます。

リコピンにはガンの予防や進行を遅らせる効果があります。肺ガンと前立腺ガンの効果は既に報告されていますし、乳ガンに対する有効性もささやかれています。

ルティンと同時摂取をすることで視機能の改善効果があり、加齢による黄斑変性や白内障、視力低下予防に役立ちます。

健康目的での摂取量は

odrt8584s8

リコピンの摂取目標量は、1日15mg程度とされています。具体的には大きめのトマトで2個程度、トマトジュースなら約150ml程で摂取できる量です。リコピンは少量の油分と同時に摂取したり、加熱をする事で体内への吸収効率が高まります。

加熱加工のされているジュースやホールトマトなどを使用するか、生食の場合はオイルの入ったドレッシングやオリーブオイルなどを使用するようにしましょう。

リコピンには過剰症などによる、重大な副作用はないとされていますが、多く摂ればそれだけ効くというものでもありませんので、適量を守って摂取するようにしましょうね。